新神戸駅近くのコワーキングスペースplug078とビジコン078[突撃取材][第11回]

2015年12月2日

コワーキングスペースCOCOPO事務局です。掲載中のコワーキングスペースを取材して、みなさんにコワーキングスペースの様子を伝えようという企画「突撃コワーキングスペース」も早くも第10回です。今回は、新神戸駅にあるコワーキングスペースのplug078です。



plug078 詳細ページはこちら>>


新神戸駅直結のコワーキングスペース plug078


今回、取材をさせていただく plug078 は新神戸駅から直結のコワーキングスペースです。新神戸駅は新幹線の停車駅で神戸三宮から神戸市営地下鉄で1駅です。それではアクセスから順に紹介をしていきます。


▼神戸市営地下鉄新神戸駅で地下鉄を降りて新幹線とは反対のロープウェイ方面を目指してください。

plug078へのアクセス 新神戸駅の改札階


▼ロープウェイ方面の改札です。新幹線方面と違い少し小さな改札です。

plug078へのアクセス ロープウェイ方面の改札


▼改札を出て右に行くと新神戸オリエンタルアベニューの表示のある自動ドアがあります。この自動ドアを入ります。

plug078へのアクセス 新神戸オリエンタルアベニューの入口


▼自動ドアを入ってすぐ左手にエレベーターがあります。このエレベーターで地下1階にいきます。写真左手に見えるのが先ほどの自動ドアです。

plug078へのアクセス エレベーター前


▼エレベーターを降りるとplug078の看板が出ています。看板に従って左に進みます。

plug078へのアクセス エレベーターホールの看板


▼左に進むとすぐに左に曲がる通路がでてきます。その通路の奥にplug078があります。ウインドウにもplug078の文字が見えます。

plug078へのアクセス


▼先ほどの通路を左に曲がると奥にplug078の入口があります。

plug078へのアクセス スペース前の通路


▼plug078の入口です。入口前にも看板が置いているのですぐにわかります。plug078には複数のスペースがあります。こちらが受付のあるメインのスペースとなります。

plug078の入口


▼入口を入るとすぐ右手に受付があります。受付の板倉さんにスペース全体を案内していただきます。

コワーキングスペースplug078の受付


▼plug078の入口前には机や観葉植物、本棚などがありますので、すぐにわかります。

plug078の入口前


▼入口前の壁には看板や本棚なども置いています。この写真に写っている入口はスタジオや個室があるスペースの入口になります。

コワーキングスペースplug078の入口反対側


今回は地下鉄新神戸駅からの道順でしたが、新幹線の新神戸駅からのアクセスや、plug078のあるANAクラウンプラザホテル駐車場からの道順はplug078の公式サイトにて確認してください。


plug078 のフロア詳細


▼このスペースは全体がコワーキングスペースとしてのエリアになっています。34席あります。受付から見た様子です。一番奥にはキッチンがあり、電子レンジ、ミネラルウォーターなどが設置されており、利用者の方は自由に使えます。

plug078のコワーキングスペース風景


▼コワーキングスペースを反対側から見た様子です。

plug078の奥からのコワーキングスペース風景


▼会員の方が利用できるロッカーもあります。大きなロッカーですので、仕事に必要なものを置いておけます。

plug078のロッカー全体

plug078のロッカー個別


▼セミナーや打合せなどができる会議室もあります。受付の前に会議室の入口があります。コワーキングスペースのエリアには2つの会議室があります。まずは手前の白い扉の会議室から見てみましょう。

plug078の会議室の入口


▼4人が入れる小さな会議室になります。簡単な打合せやセミナーにちょうどいいですね。

plug078の会議室小"


▼こちらは奥の黒い扉の会議室です。先ほどの会議室よりももう少し大きめの会議室となります。6~8人が入れる会議室です。

plug078の会議室大


plug078 にはコワーキングスペース以外にも別スペースがたくさん


▼コワーキングスペースと会議室で100㎡ありますので、他のコワーキングスペースであれば、ここまで紹介したフロアですべてというケースがほとんどですが、plug078には別のスペースがたくさんあります。まずは、コワーキングスペースの向かいにあるスタジオ、個室エリアです。外からも少し机が見えます。

plug078の個室、スタジオエリア


▼こちらが先ほどの写真で外から見えていた机です。奥にはソファも用意されています。こちらもコワーキングスペースと同じように利用してもらえます。左手に見えるのがスタジオです。スタジオは2つあり、スタジオAが68㎡、スタジオBが93㎡です。スタジオAは使用中でしたので見ることができませんでした。スタジオBは取材日に実施されていたビジコンの様子とともに後ほど紹介します。

コワーキングエリア

plug078のソファ席


▼スタジオの横には少し打合せができるスペースが用意されています。

個室エリアの打合せ席


▼個室ブースです。各部屋によって大きさは違いますが、大体2畳半くらいのスペースです。現在は満室のために中は取材することができませんでした。新幹線の駅のある新神戸駅ということで、日常的に使われないけども荷物を置いておきたい方などの利用が多いそうです。

plug078の個室ブース


▼さらに大きな個室エリアが別があります。こちらは現在インターネットラジオの fm GIG のスタジオとして使われています。取材のタイミングでは放送はされていませんでしたが、スタジオを撮影させていただきました。

インターネットラジオ fm GIG


▼さらに、フロアが変わってサロンまであります。仕事で疲れたときにこころもからだも癒してもらえます。

plug078のサロン


コワーキングスペース主催のビジコン078


▼取材日はplug078取材のビジコン078開催日でした。こちらがスタジオBにて開催されていました。plug078の代表の西山さんの開会のあいさつからスタートしました。

ビジコン078の開会


▼コモンズ投信株式会社 会長の渋沢 健さんによる基調講演があり、その後にビジコンの審査員の兵庫県議会議員の樫野 孝人さんとのトークセッションがありました。そのトークセッションの様子です。

ビジコン078のトークセッション


▼ビジコン078は8名の方によるビジネスプランの発表がありました。どの発表も熱意が伝わり、内容も非常に面白かったです。

ビジコン078の発表


▼ビジネスプランの発表後に懇親会があり、その場で結果発表がありました。1位~3位のみなさんです。1位の方には1年間のコンサルティングサービスなどがありました。1年後にどのようなビジネスになっているかが楽しみです。

ビジコン078の受賞者


▼ビジコン078の懇親会に参加されたみなさんです。発表された方はやり切った感があり、非常に良い雰囲気でした。

ビジコン078に参加のみなさん


運営者インタビュー


コワーキングスペースplug078の代表 西山 志保里さん

各スペースの説明をいただきながら、plug078の板倉さんにお話をお聞きしました。写真は、plug078の代表 西山 志保里さんです。


-運営開始はいつごろですか?

この場所では、2014年2月オープンです。2013年9月に、現在のplug078から15分ほどのところで運営をしていたのですが、移転をしてきました。


-コワーキングスペースの運営のきっかけは?

代表の西山がもともとコワーキングスペースの利用者だったということがあり、こういったスペースが必要だと感じて運営をすることになりました。


-現在の会員数や利用者はどんな人が多いですか?

会員数は30~40人ほどです。個室ブースは満室となっています。業種は多岐にわたっていて、IT系だけでなく各士業や建築関係、ウェディング、ヨガ講師などさまざまな業種の人に利用してもらっています。

サロンの設計も会員の方にしていただきました。


-ありがとうございました!


今回は、朝からスペースの取材をさせていただき、午後はビジコン078の取材と丸一日plug078で過ごさせていただきました。途中の空き時間にはコワーキングもさせていただきました。ビジコンがあったので普段とは少し雰囲気が違ったかもしれませんが非常に集中できるスペースでした。

また、神戸という街がもともと異文化を受け入れていた場所であるということから神戸発のビジネスを作っていきたいということや、起業家が集まり、そのコミュニケーションの場、成長の場となるようにしていきたいという思いがあふれるスペースでした。


plug078


兵庫県神戸市中央区北野町1-1 B1F

営業時間:9:00~21:00

定休日:日・祝(臨時営業もあり)

月額料金:月額15,000円(税別)

ドロップイン料金:2時間500円(税別)、1日1,500円(税別)


plug078 詳細ページはこちら>>


他のコワーキングスペースの記事を読む>>