コワーキングスペース検索サイト Coworking JAPAN

日本全国のコワーキングスペースを評判や特長、設備で検索できるコワーキングスペースのポータルサイト【コワーキング ジャパン】

突撃!コワーキングスペース

京都のデザイン会社が運営する保育スタッフのいるコワーキングスペース「オトナリラボ」[突撃取材][第46回]

掲載中のコワーキングスペースを取材して、みなさんにコワーキングスペースの様子を伝えようという企画「突撃コワーキングスペース」の第46回です。

今回紹介するのは、2018年1月にプレオープン。4月に京都の河原町五条に正式オープンしたコワーキングスペース「オトナリラボ」です。

「オトナリラボ」は、閑静な住宅街の中にある京町屋の一軒家タイプのコワーキングスペースです。

子連れOK・保育スタッフもいる(事前予約が必要です。)子育てパパ・ママが仕事に趣味に利用できるコワーキングスペースです。パパ・ママが子連れでやりたいことに取り組める場所。どんな場所なのか楽しみです。

取材当日、大雨に見舞われましたが、はりきっていきます

「オトナリラボ」の詳細はこちら>>

阪急河原町駅徒歩15分の住宅街にある京町屋コワーキングスペース

「オトナリラボ」は、阪急河原町駅、または京阪清水五条駅(徒歩10分)が最寄り駅です。京都の繁華街河原町から大通りを歩いて、横道に入ったところにオトナリラボはあります。

▼ 阪急河原町4番出口から地上に出ます。
阪急河原町4番出口から地上に出ます。

▼ 地上に出ると、コインロッカーがあります。
地上に出ると、コインロッカーがあります。

▼ 目の前に見える京都マルイに向かって右に進みます。
目の前に見える京都マルイに向かって右に進みます。
▼ しばらく歩くと、右手に中華料理屋さん。獅子の像がお出迎え。
しばらく歩くと、右手に中華料理屋さん。獅子の像がお出迎え。
▼ ファミリーマートがあり、お弁当屋さんの可愛い看板が見えます。
ファミリーマートがあり、お弁当屋さんの可愛い看板が見えます。
▼ どんどん歩いていきます。セブンイレブンです。
どんどん歩いていきます。セブンイレブンです。

▼ 大きなドラッグストアがあります。ここを右に曲がります。(奥に見えるのが河原町五条の交差点です。)
大きなドラッグストアがあります。ここを右に曲がります。
▼ 細い通り(万寿寺通り)を歩いて行きます。
狭い路地を歩いていきます。
▼ 京佛壇・京佛具のお店の看板が見えます。
京佛壇・京佛具のお店の看板が見えます。
▼ 佛具店と理髪店の間を進みます。
佛具店と理髪店の間を進みます。

▼ 右手に昔ながらの扉がある鞄屋さんです。(オトナリラボ責任者芳野さんのご実家です)
右手に昔ながらの扉がある鞄屋さんです。

▼ お店の扉には、オトナリラボのチラシが貼られています。
お店の扉には、オトナリラボのチラシが貼られています。
▼ オトナリラボの看板です。かわいいです。
オトナリラボの看板です。かわいいです。
▼ この奥にオトナリラボがあります。

▼ 京町屋の一軒家です。
京町屋の一軒家です。

京町屋の懐かしく、落ち着く雰囲気のコワーキングスペース

▼ 玄関です。懐かしい雰囲気です。入口横にあるインターホンを押してください。
玄関です。懐かしい雰囲気です。入口横にあるインターホンを押してください。
▼ ▼ 階段を上ると、まずはキッズスペースです。床一面にジョイントマットが敷かれています。キッズスペースは、5畳ほどなので大人だと10名ほど。椅子を用意して着席スタイルだと6名ほど入れるスペースです。
階段を上がってすぐのキッズスペース
▼ バウンサーや、マメ椅子、絵本、おもちゃなどがたくさんあります。
バウンサーや、小さな椅子、絵本、おもちゃなど
▼お子さんが部屋から出てしまわないようにベビーゲートも設置されています。
ベビーゲートも設置されている
▼ オトナリラボで開催されるイベント情報や、子育て情報などが並んでいます。訪れるだけでも色々情報が得られそうです。
子育て関連の書籍やイベントのチラシ
▼ 空気洗浄機もあります。所々に、スペース代表の芳野さんの気配りが散りばめられています。
空気清浄器
▼ キッズスペースの隣は、コワーキングスペースです。白いテーブルはすっきりしていて、広めのスペースです。最大4名が利用できます。仕事はもちろん、本を読むなど趣味をするにも使ってほしいとのことです。子どもが見える場所にいながら、自分のやりたいことができるようになっています。事前予約をした方が良いですが、保育サービスもあります。
おとなりラボのコワーキングスペース
▼ プリンタも自由に使えます。
おとなりラボのプリンター
▼ キッズスペースには、トイレと独立洗面台があります。お子さんが手や服を汚したとしてもすぐに洗えますね。
おとなりラボのキッチン
▼ 続いて、一階のスペースをご紹介します。一階は少し広めです。大体8畳ぐらいのスペースでしょうか。ここでは定期的に、イベントが行われています。「子育て」と「働く」をテーマにした講座や座談会。ボールエクササイズ、親子リトミック教室なども開催しています。天井が良いですね~。
1Fスペース
▼ オトナリラボから徒歩2分ぐらいの場所にリニューアルされたばかりの大きな公園があります。オトナリラボを利用されるお子さんもここで遊ぶこともあるそうですよ。
オトナリラボ近くの公園

「オトナリラボ」責任者芳野さんにインタビュー

今日は「オトナリラボ」の責任者芳野さんにスペースを案内していただきました。
スペースを案内していただいたあとに、芳野さんにインタビューしました。

– 本日はありがとうございました。まずは、コワーキングスペースを始めたきっかけを教えてください。

父がデザイン会社をやっていて、私も働いていました。私自身も子どもを授かり、経理や総務などの仕事をしていたんですね。働いてくれている女性が、子どもを育てながら働ける環境を整備しないといけない状況の中で、この町屋スペースを使って、子ども連れで働けるスペースを作っていました。
だんだんスタッフの子どもも大きくなってきたタイミングで、このスペースは社外の人も使えるスペースにしたいと思いオープンしました。

– そうなんですね。オトナリラボは「子連れ」というのを前面に出されている印象を受けるのですが、芳野さんはどのような場所にしたいと思われていますか?

一言で言うと、「見守り保育付きコワーキングスペース」ですね。ただ子連れで利用できるだけではなく、キッズスペースがあって、そこに保育士さんを呼んで子どもを見てもらうことができます。
スペースと、シッターをシェアできるイメージでしょうか。

– なるほど。子どもさんを見ておいてもらえるという安心感は嬉しいですよね。私にも息4ヶ月になる息子がいるのですが、妻はずっと1対1だと大変だと言っています。

そうですよね。オトナリラボを利用してもらって、数時間でも「脱・ワンオペ」をしてもらえると良いなと思っています。

– 利用されている方はどのような方が多いでしょうか?

フリーランスのライターや、リモートワーカー、育児休業中に個人で仕事をされている方・準備されている方が多いですね。でも、仕事に限らず、趣味でも良いですし、本を読むでも良いんです。
オトナリラボにきてもらって、目の届くところに子どもがいて、でも今は自分のやりたいことをしていいんだ!という気持ちでリラックスしてほしいですね。

– 今後はどのようにしていきたいですか?

まだオープンしたばかりで試行錯誤ですが、今後はスキルアップ関連の講座をやっていきたいです。
育児休業中に今後のキャリアのためにスキルアップしておける機会を作りたいと思っています。
今も、「子どもとはたらく」をテーマにしたイベントを隔週の土曜日に開催しています。(※ 月によって変動あり)また、今は親子のリトミック教室や、ボールエクササイズもやっています。

– どうしても出産・育児の際に、キャリアがストップしてしまうことが多いですよね。逆にじっくりと今後のキャリアについて考えたり、スキルアップできる機会が作れると良いと思います。ちなみに男性も利用できますよね?

もちろんです!(笑)是非、今度利用してください。

「オトナリラボ」概要

〒600-8050
京都市下京区万寿寺通富小路東入堅田町592-8
営業時間:9:30 〜16:30
定休日:日曜・月曜
一時利用料金:1時間500円/半日1000円/1日2000円※見守り保育は別途費用
月額利用料金:ワークスペースデスク:65,000円 ※見守り保育を含めた料金

「オトナリラボ」の詳細はこちら>>

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ

-突撃!コワーキングスペース
-, ,