大阪城が見えるコワーキングスペースOBPアカデミア[突撃取材][第12回]

2015年12月10日

コワーキングスペースCOCOPO事務局です。掲載中のコワーキングスペースを取材して、みなさんにコワーキングスペースの様子を伝えようという企画「突撃コワーキングスペース」の第12回は、大阪ビジネスパークにあるコワーキングスペース OBPアカデミアです。



OBPアカデミア 詳細ページはこちら>>


大阪ビジネスパークの中にあるコワーキングスペース OBPアカデミア


今回、取材をさせていただく OBPアカデミアは大阪ビジネスパーク(OBP)の中にあるコワーキングスペースです。JR環状線・JR東西線・京阪「京橋駅」、地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」からアクセスできます。今回は、「京橋駅」と大阪ビジネスパークをつなぐ橋「大阪城京橋プロムナード」からのアクセスを紹介します。


▼今回のスタート地点はココです。JR京橋駅、京阪京橋駅から大阪ビジネスパーク方面に行くと大阪城京橋プロムナードに出ます。

OBOアカデミアへの道順、大阪城京橋プロムナード


▼大阪城京橋プロムナードにOBPアカデミアの看板が出ています。

大阪城京橋プロムナードに看板が出ています。


▼ちなみに駅方向へ向かう場合には、看板に引き留められます。大阪城京橋プロムナードのOBPアカデミアの看板


▼途中で、大阪ビジネスパークの東ブロックと西ブロックに分かれるところがあります。OBPアカデミアはMIDタワーにありますので西ブロックに進みます。地図でみると大阪ビジネスパークは広いですね。今回の取材で初めて知ったのですが、大阪ビジネスパークは民間企業で作られた地区だそうです。

大阪ビジネスパーク西ブロックへ


▼大阪城京橋プロムナードを進み、TWIN21に入ります。大阪ビジネスパークMIDタワー入口


▼TWIN21に入って、MID Towerは左手に進んでいきます。

OBPアカデミアへはMID Tower方面へ


▼進んでいくとMID Towerの入口が見えてきました。

MID Tower入口


▼MID Towerに入るとすぐにエレベーターホールがあります。

MID Towerエレベーターホール


▼あ行の一番下にOBPアカデミアのサインボードがありました。

OBPアカデミアの看板


▼OBPアカデミアは、9Fにありますので、低層階用エレベーターで上がります。(21Fも低層階扱いってすごいですね。)

MID Towerの低層階用エレベーター


▼ちなみにTWIN21の正面はこんな感じです。ちょうどお昼休憩の時間でしたので、たくさんの方がおられました。

TWIN 21の正面


▼ビル内にさまざまなジャンルの飲食店がありますので、ランチには困りません。

TWIN21の飲食店


▼少し話が逸れました。OBPアカデミアに戻ります。エレベーターで9FにあがるとすぐにOBPアカデミアの入口があります。

OBPアカデミアの入口


▼OBPアカデミアの受付です。たくさんのスタッフの方が出迎えてくれます。

OBPアカデミアの受付


OBPアカデミアのフロア紹介 ~ワークルーム、セミナールーム~


▼それでは、さっそく OBPアカデミアのフロア紹介です。受付からフロアを見た様子です。左側がコワーキングのできるエリアになっていて、右側にはワークルームが見えます。ワークルーム、セミナールームから見ていきます。

OBPアカデミア受付からのフロアの風景


▼受付横には、Telboxがあります。電話をする人にとっても、周りにいる人にとってもありがたいスペースです。

OBPアカデミアのTELBOX


▼フロアの見えるところに、ワークルームが2つあります。手前が10席のワークルーム、奥が8席のワークルームです。


OBPアカデミアの会議室


▼先ほどの写真の手前のワークルームです。机の中に見えるのはヒノキを削ったものです。ヒノキの机にしたかったところ、机としては難しいということで、このようなデザインにされたそうです。

OBPアカデミアのワークルーム2


▼こちらは窓側のワークルームです。

OBPアカデミア奥のワークルーム


▼こちらの机は花があしらわれたかわいい感じです。

OBPアカデミアワークルームの机


▼窓からは大阪城が見えます。

OBPアカデミアから見た大阪城


▼OBPアカデミアにはワークルーム以外にもセミナールームがあります。先ほどのワークルームの裏手には、大きなセミナールームがあります。38人が入ることのできる大きなセミナールームです。

OBPアカデミーのセミナールーム


▼さらに珍しい和風のスペースもあります。

和風の集合スペース


▼和風のスペースです。ヨガやゴルフレッスンなどで使われたり、机と椅子を持ち込んで会議に使われたりしているそうです。同じ会議でもいつもと違う雰囲気だと新しいアイデアが出てきそうですね。


OBPアカデミアの和風スペース


OBPアカデミアのコワーキング、集中エリア


▼ 次にコワーキング、集中エリアの紹介です。手前には少し変わった形の椅子があるスペース、奥にはテーブル席、窓側には3席ずつのスペースがあります。この変わった形の椅子ですが、意外というか、かなり座りやすいです。

OBPアカデミアのコワーキングエリア


▼フリードリンクコーナーもあります。コーヒーや、11種のビタミンとフルーツを含むサプリメントドリンクなどがあります。このドリンクをいただきましたが、美味しかったです!

OBPアカデミアのフリードリンク


▼OBPアカデミアの特長の一つがライブラリーです。大阪谷町にある13坪ほどの小さな場所に1日200〜250人も集まるというメディアにも注目されている「隆祥館書店」とコラボを行っており、現在「作家と読者の集い100回突破記念フェア」を展開しています。

OBPアカデミアのライブラリ


隆祥館書店の紹介


▼スペースの一番奥は、電子ロックされており私語禁止エリアとなっています。

OBPアカデミアの集中エリア


▼集中エリアに入ったところです。手前の本などを読むのぴったりな席、窓側の席、ブース上の席に分かれています。こちらも一面がライブラリーになっています。すべての椅子に座れせていただきましたが、非常にゆったりと座れる椅子でした。長時間いるのに椅子は重要ですので、疲れない椅子はありがたいです。

OBPアカデミアの集中エリア


▼窓側の座席の様子です。

Exif_JPEG_PICTURE


▼通路も非常に幅広くなっており、移動に他人に気を使う必要がありません。各席にハンガーが用意されているのもうれしいサービスです。

OBPアカデミアの一番奥の通路


▼ブース席です。勉強、仕事に集中できるように設計されているスペースです。

OBPアカデミアの一番奥の通路


スペースの紹介は以上です。非常に広いスペースでした。それでは、運営者インタビューです。


運営者インタビュー


OBPアカデミアの社長の吉川聡さんとマネージャーの横山 美由紀さん


OBPアカデミアを運営している株式会社まなれぼの代表取締役の吉川 聡さん(右)とOBPアカデミアの運営マネージャーの横山 美由紀さん(左)にインタビューしました。


-運営開始はいつごろですか?

2015年の10月にオープンしました。まだ、2か月もたっていないです。(2015年12月現在)


-すごく広いですよね。どれくらいの人数が入りますか?

広さは500㎡以上あります。ワークスペースやセミナールームで60人以上。全体では、150人くらいは入れると思います。


-これだけの広さのコワーキングスペースはなかなかありませんよ。

そもそもどうしてコワーキングスペースの運営されたんですか?


前職であべのハルカスの「ハルカス大学」プロジェクト立ち上げに携わった経験がありました。その経験から大阪ビジネスパークを盛り上げていきたいという話が出たときに、「大人のための学びのスペースを作りたい」と思い始めました。

大阪ビジネスパークは、最近は話題に上がることが少ない気がしますが、毎日、3,5万人~4万人の人が働いています。学びたいと思っている人、同じ目標と持っている仲間と交流と持ちたいと思っている人達にとっての場となればと思っています。


-ありがとうございました!


インタビューの後にも、コワーキングスペースのことだけでなく、さまざまなお話をさせていただき、非常に楽しい取材となりました。


OBPアカデミア


大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階

営業時間:平日・土曜 7:00~22:50/日曜・祝日 9:00~18:00

定休日:年中無休(MIDタワーの休館日に準ずる)

月額料金:ライブラリー会員 9,000円

ドロップイン:会員1,000円/日、ビジター1,500円/日(2015年12月末まで)


他のコワーキングスペースの記事を読む>>