たくさんの勉強会/イベントを開催!コワーキングスペース茅場町 Co-Edo[突撃取材][第17回]

2016年3月16日

コワーキングスペースCOCOPO事務局です。掲載中のコワーキングスペースを取材して、みなさんにコワーキングスペースの様子を伝えようという企画「突撃コワーキングスペース」第17回です。

今回は、初の東京取材となりました。東京の茅場町にある「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」です。



コワーキングスペース茅場町 Co-Edo  詳細ページはこちら>>


茅場町駅から徒歩2分「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」


今回、紹介するのは茅場町にある「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」です。

東京メトロ東西線「茅場町」にあるコワーキングスペースです。取材の日は関西から新幹線を利用して東京入りしましたので、東京駅から向かいしましたが、東京駅からも電車を使って15分くらいでいけるので、非常に便利な場所にあるコワーキングスペースですね。


さっそく、「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」への道のりを案内したいと思います。

▼最寄駅は東京メトロ東西線「茅場町」です。今回は3番出口からの道のりを案内します。改札を出ると3番出口の案内がありますので、まずは出口を目指しましょう。東京メトロ東西線「茅場町」3番出口


▼3番出口にでると、右手にスターバックスがあります。スターバックスのある方向に進んでいきます。

東京メトロ東西線「茅場町」3番出口外


▼少し歩くと「れいがんばし」という橋がありますので、この橋を渡ってしまいましょう。れいがんばし


▼「れいがんばし」を渡るとCafe VECLCE(ベローチェ)が右手にみえます。写真奥には「ピタットハウス」の緑の看板がみえてますね。このカフェとピタットハウスの間に見えているビルが「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」の入っているビルになります。ビルの袖にオレンジの看板が見えています。

れいばんばしを渡り切ったところ


▼看板に近づいてみましょう。はい、間違いなく「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」とありますね。東京にはあまり詳しくなですが、まったく迷うことなく到着できました!

「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」


▼さっそくビルに入ってみましょう。5Fに「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」があります。実際は、4Fと5Fの2フロアが「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」として利用することができます。では、エレベーターで5Fにあがりましょう。

「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」エレベーター


▼エレベーターで5Fにでると左手に「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」があります。さっそく受付で案内をして頂きました。1日利用が1,000円、2時間以内の場合は500円と案内があります。

受付


▼受付の際に利用カードが渡されます。今回は取材でいれてもらいましたので「GUEST」用のカードです。このカード裏面には利用の案内、トイレの場所、WifiのID、パスワードなどが記載されているので、初めて利用の方でも安心ですね。

カード


 


5Fのコワーキングスペース


▼さっそくコワーキングスペース(5F)を見ていきたいと思います。受付からみたスペースの写真です。

6人~8人掛けのテーブルをひとしまとして、コワーキングエリアには、複数のしまがあります。

コワーキングスペース


▼勉強会、イベントが多く開催されるので、大型のスクリーン、テレビがいつでも利用できる状態で設置されています。もちろん、天井にはプロジェクターも設置されていました。勉強会、セミナーの人数にあわせて、机のレイアウトも柔軟に変更して開催することができます。

スクリーン

大型テレビ


▼コワーキングスペースのエリアには、大量の技術本が。。これ以外にも本棚があり、ほんと充実した内容の本棚でした。IT関連の利用者が多いのもうなずけます。

本棚


▼ドリンクも豊富に用意されています。写真ではわかりにくいかもしれませんが、お菓子などが入ったBOXもありました。ホワイトボード、複合機も設置されており、不自由なく使える豊富な設備が揃っています。

ドリンク


 


4Fの「プレミアムルーム集中室」と「会議・セミナースペース」


▼次に4Fにある「プレミアムルーム集中室」と「会議・セミナースペース」を案内してもらいました。5Fから階段を下りるとすぐなので、簡単に移動できます。4Fは会員を中心に利用するスペースになっていて、入口にはきっちりとセキュリティがあります。

4F入口


▼まずは「会議・セミナースペース」から紹介します。24名ほどで利用することが出来るこの会議・セミナースペースは、一般の方でも予約して利用することができます。大型のモニタ、ホワイトボードも設置されていて使いやすく綺麗なスペースですね。5Fで勉強会、イベントが開催されている場合はコワーキングスペースとしても利用できるスペースということです。

セミナールーム


セミナー会議室


▼そして、「プレミアムルーム集中室」の案内です。机ひとつひとつのサイズが大きいので広々と使えて作業がしやすいスペースになっています。非常に静かで集中して利用できるスペースです。

プレミアムルーム



▼プレミアムルームの反対側には、休憩や打ち合わせに使えるスペースが用意されています。大きなソファーもあり、気分転換、リフレッシュするには最適の場所だと思います。また会員専用のコーヒーマシンもあり、わざわざ外に行かなくてもおいしいコーヒーを楽しむことができます。プレミアムルーム

プレミアムルーム左手

珈琲マシン


運営者インタビュー


田中 弘治様


スペースの案内を一通りして頂いたところで、運営者である田中 弘治さんにお話をきくことができました。

今回の取材、「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」が知りたいというのはもちろんですが、田中さんと一度お話をしたいという思いが、取材のきっかけとなっています。

当日も、他のアポがある中、時間を取って頂き、最後まで非常に丁寧にご案内して頂くことができました。


-運営の開始はいつからですか?


2013年の1月にオープンしました。自身がWebエンジニアとして受託開発を行っている中、複数のメンバーが集まって開発できる拠点としてというのがはじまりです。もともと勉強会やセミナー、イベントを開催できるスペースを作ろうという思いがあったので、料金設定についても、主催者の負担にならないように考えたものにしています。2014年11月には4Fのフロアもオープンし、コワーキングスペース、会議、セミナールーム、集中室といつでも利用できる、いまの環境になりました。


-どのような利用者が多いですか?


やはりIT系の方が中心となりますが、外国人やその他の職種の方も多く利用して頂いております。

勉強会、セミナーの参加者による利用が多いので、ドロップインでの利用者は結構いますね。

勉強会は、ほぼ毎日開催していて、少ない時は5名程度のものもありますが、20~40名規模の勉強会が、多く開催されています。もともと主催者側に負担がかからないことを料金設定をしているので、多くの勉強会が開催されているのというのが、現状です。


-コワーキングスペース茅場町 Co-Edoの特長は?


随時、豊富な種類の勉強会が開催されているところが特長のひとつです。また、スペース自体の開放感があり、すべてオープンで、基本的には撮影NGなどもなく、自由に利用してもらえるスペースになっています。


今回、取材をさせて頂いて感じたことは、田中さんをはじめ、コワーキングスペース自体が非常にオープンであることを感じました。他のコワーキングスペースももっとオープンになれば良いという思いも受け取れました。

取材した内容だけでなく、弊社が運営しているこのサイトcocopoについても、お話をさせて頂き、取材中でも、掲載しているコワーキングスペースの情報を調べて、各スペースの新しい情報を教えて頂いたり、また運営しているUmidassのお話を聞いて頂いたりと、お土産になるお話をたくさんしてもらい、感謝です。


取材をする中、コワーキングスペース界なら絶対田中さんと会って話をした方がよいと聞いていた理由がはっきりしましたね。自分のスペースだけでなく、コワーキングスペース全体がよくなっていくことを考えていると感じるところが多くあったので、今後も田中さんの動向には注目していきたいと思います。


コワーキングスペース茅場町 Co-Edo


〒104-0033

東京都中央区新川1-3-4 PAビル5F


月額料金  :  ライトプラン5,000円/月~

ビジター料金  :  1日利用1,000円(税込) 、2時間までの利用500円(税込)


コワーキングスペース茅場町 Co-Edo  詳細ページはこちら>>


他のコワーキングスペースの記事を読む>>