阪急梅田茶屋町口すぐのコワーキングスペース リアルSNSクリエイティブラボ Blue+[突撃取材][第4回]

2015年9月4日

コワーキングスペースCOCOPO事務局です。掲載中のコワーキングスペースを取材して、みなさんにコワーキングスペースの様子を伝えようという企画「突撃コワーキングスペース」第4回は、大阪の梅田にある「リアルSNSクリエイティブラボ Blue+(ブルータス)」です。



リアルSNSクリエイティブラボ Blue+の詳細ページはこちら>>


リアルSNSをテーマにした大阪梅田にあるコワーキングスペース


リアルSNSクリエイティブラボ Blue+は、その名のとおりリアルSNSをテーマとしたコワーキングスペースです。場所は大阪の梅田にあります。それでは、リアルSNSクリエイティブラボ Blue+ に向かいましょう。


▼ Blue+ は、梅田にありますので、阪急電車、jR線、地下鉄、阪神電車などで行くことができます。今回は、阪急電車「梅田駅」からの道順となります。まず、「茶屋町口」から出ます。ちなみに、JRの場合は、「大阪駅」御堂筋北口、地下鉄御堂筋線の場合には「梅田駅」5番出口から出てください。

阪急梅田茶屋町出口


▼茶屋町口の改札を出て、「芝田」方面へ向かいます。他の経路から来た人の場合には、グランフロント大阪を目指すと「芝田」に着きます。

茶屋町口を出て芝田町方面へ


▼「芝田1」の交差点です。写真の奥に見えるのがグランフロント大阪です。この交差点を渡って右に曲がります。

芝田1の交差点


▼「芝田1」の交差点を右に曲がって進むとファミリーマートのあるビルが、 Blue+ のあるビルとなります。ここで注意点が1つあります。ファミリーマートが2軒あります。奥のファミリーマートのビルです。余談ですが、何でこんな隣接してファミリーマートがあるんでしょうか。。。

 Blue+ はファミリーマートが目印


▼ビルの前には、 Blue+ の看板が出ています。イベントスケジュールも書いているので、この道をよく通る人はイベントのチェックもできますね。

 Blue+ のサインボード、看板


▼ Blue+ の入っているマエダビルの看板です。

マエダビルの看板


▼ビルに入ってすぐのエントランスにも Blue+ の看板がでています。受付は4Fですので、エレベーターで上がります。

マエダビルエントランスのBlue+ の看板


Blue+ の入り口~4Fフロア全体


▼エレベータを降りると左手にブルーの扉が見えます。これが、 Blue+ の入口です。

 Blue+ の入り口ドア

 Blue+ の入り口ドアのアップ


▼入口の扉を開けて、すぐ左手に受付があります。ちなみに受付の下には住所利用をされている方のポストがあります。

 Blue+ の受付


▼受付では Blue+ のスタッフ日下美樹さんが出迎えてくれました。日下さんの案内でフロア全体を紹介してもらいます。

 Blue+ のスタッフ日下美樹さん


▼それではフロアを詳細に見ていきます。まず、驚くのがフロア全体がグリーンです。床が人工芝です。この人工芝がリアルで本物ですか?って聞いてしまいました。机の上にあるのも人口草です。ネギではありません。(よく聞かれるそうです。)

フロアの人工芝


▼壁も一面グリーンです。場所が梅田ということもあって、窓から見える風景はビルばかりなので、グリーンが癒しになります。

フロアの壁のグリーンカーテン


▼それでは受付から左回りに見ていきます。いきなり表れるのが、「スリムドカン」や「青汁」などのサプリメントの販売ワゴンです。(知っている人は知っているアイテム群らしいのですが、この記事はあくまでコワーキングスペースの紹介なので詳細はスルーさせていただきます。)

青汁の販売ワゴン


▼サプリメント販売ワゴンの左手にメンバー用の鍵付きロッカーとカフェがあります。Blue+では、ドリンク類は基本的には用意していないとのことです。下にファミリーマートが2軒もあるので、飲食物の購入はまったく困りませんね。

ロッカーとカフェ


▼壁沿いの座席が5席ほどあります。この日は、1人で作業している人と、2人で楽しそうに打ち合わせをされている人がいました。

壁沿いの席


▼フロア中央部左手には円卓があります。この日は打ち合わせがされていました。

円卓での打ち合わせ


▼フロアの奥には固定席があります。Blue+には個室はありませんが、この固定席は、しっかりと遮断されていますので十分に集中できそうです。

ブルータスの固定席


▼固定席の中の様子です。仕事をするのに十分な広さがあります。

ブルータスの固定席の様子


▼フロア右手には、8人掛けのテーブルがあります。

ブルータスの8人掛けテーブル


▼フロア右手の壁沿いにも座席が4つあります。カラフルな椅子がいいですね。

ブルータス右手の壁の座席


▼本棚には、Blue+の社長さんの本や会員さんが置いてかれた本が置いているそうです。

ブルータスの本棚


▼フロアの右手前(ちょうど受付の反対側)には、ソファースペースがあります。ゆったりできるスペースがあるのはいいですね。

ブルータスのソファスペース


Blue+ 5Fフロア(貸会議室、セミナールーム、イベント会場)


▼次に5Fフロアの紹介です。こちらは、貸会議室、セミナールーム、イベント会場になっています。入口は4Fと同じブルーの扉です。

ブルータス5Fフロア入口


▼5Fフロアは土足ではありません。長時間の会議やセミナーなどで靴が脱げるのはありがたいです。

5Fフロアの入り口


▼下足箱です。5Fフロアもグリーンに囲まれているのがよくわかります。

5Fフロアの下駄箱


▼5Fは、大きく3つのスペースに分かれていて、カーテンで仕切られています。仕切りがカーテンなので必要に応じて、2スペース使ったり、全スペースを使ったりできます。こちらは入口正面のスペースです。

5F正面フロア


▼5Fフロアの奥のスペースです。

5Fフロア奥のスペース


▼5Fフロア左手前のスペースです。3つのスペースそれぞれが8人掛けのテーブルがあります。また、ホワイトボードも用意されていますので、会議、ミーティングにはちょうど良いです。

5Fフロア右手前のスペース


▼ちなみに窓からの景色はこんな感じです。ビルしか見えない風景ですので、緑に覆われた空間で仕事ができるのはいいですね。

ブルータスの窓

ブルータスの窓からの景色


運営者インタビュー


スペースの紹介を終えたところ、運営者にインタビューです。Blue+は、スタッフ5名で運営されていて、本日はスペースの案内をしてくれた日下さんにインタビューです。写真はスタッフのみなさんです。真ん中が日下さんです。

リアルSNSクリエイティブラボ Blue+(ブルータス)スタッフのみなさん


-まず、Blue+はいつに運営を開始されたんですか?


去年(2014年)の9月ですので、ちょうど1年です。もともと荷揚げをする会社である株式会社ティーエスピーが新しい事業として始めました。


-ちなみに名前の由来は?


「ブルータスお前もか」のブルータスですか?ってよく聞かれるんですが、まったく関係なく社長の直感だそうです(笑)


-今日は10名近い方が利用されているようですけど、いつもこんな感じでしょうか。


今日は、少し多い目ですね。平日は8~10名くらい。土日が多くて、20名以上こられます。コワーキングスペースは日曜日が休みのところが多いので、普段行っているコワーキングスペースが休みなのでBlue+に来られるという方も多いみたいです。


-どんな方の利用が多いですか?


IT系、クリエイター系の人が多いですね。会社員の副業の方や、梅田にあるので出張中の方なども来られます。


-リアルSNSということですが、メンバーの交流は多いですか?


はい。「リアルSNS」がテーマですので、メンバー同士のつながりを増やしていきたいです。現在は、メンバーの交流会を2か月に1回開催しています。また、スタッフを通して、メンバー同士を仕事上でマッチングさせていただいたりもしています。毎日、会うメンバーの方同士では、自然と交流も発生しています。


-今後、目指していることはありますか?


やはりリアルSNSを広げていきたいです。そのためにイベントをどんどん開催していきたいと思っています。また、認知度もあげていきたいと思います。


-頑張ってください!本日はありがとうございました!


リアルSNSクリエイティブラボ Blue+(ブルータス)概要


住所:大阪府大阪市北区芝田2丁目9番17号マエダビル 4F


営業時間:9:00〜22:00


定休日:年末年始のみ


ドロップイン料金:2時間500円、1日1,000円~1,500円(利用開始時間による)


月額料金:12,980円(フルタイム)

※利用時間帯によるプラン(3,980円~)が多数あります。


リアルSNSクリエイティブラボ Blue+の詳細ページはこちら>>


他のコワーキングスペースの記事を読む>>