コワーキングスペース情報サイトcocopo

日本全国のコワーキングスペースを評判や特長、設備で検索できるコワーキングスペースのポータルサイト

コワーキングコラム

プレゼンや発表の練習に最適な場所はどこにあるの?

プレゼンや発表の練習に最適な場所はどこにあるの?大学のゼミ、社会人なら会議や取引先でプレゼンや発表をする機会が多いですが、皆さんどこで練習していますか。個人に課題が与えられ1人でアイデアや企画を発表する場合なら自宅が多いでしょうか。確かに自宅ならアイデアを盗まれる心配がないので安心です。

では、発表は1人だが練習を誰かに聞いて欲しいときや、チームでのプレゼンや発表をするときはどこで練習していますか。大学や職場が会議室などを提供してくれるならいいのですが、そうではない場合です。すぐ思い浮かぶのはメンバーの自宅やカラオケボックスでしょうか。

発表は1人でも、練習は誰かに聞いてもらう方が上達する

練習する姿は恥ずかしいから誰にも見られたくない。という方は多いですが、ちょっと待ってください。発表当日は教官や職場の上司、クライアントなどただでさえ緊張する相手を前で発表するのです。人前での練習なくして本番でスラスラ話せる人なんてよほど場数を踏んだ方だけでしょう。それに意気揚々と始めても1人だと途中でだれてしまったり、虚しくなったりしてしまいがち。

なぜ練習を誰かに聞いてもらうのがよいのか。それは人前に立つことに慣れることはもちろんですが、1人では自分のクセを見つけるのはなかなか難しいからです。スマホで動画撮影するとある程度客観的に見ることができますが、それでも第三者ではないため完全に客観的に見ることはできないものです。

一番よいのは練習を誰かに聞いてもらいつつ動画撮影をする。そして動画を見ながら客観的にアドバイスを貰うことではないでしょうか。「早口だったよ」「この部分は変えたほうが良い」などいくらアドバイスだけ貰っても「俺に限ってそんなことはない」との思い込みが勝ってなかなか素直に聞けないことがありますが、動画を見ながらアドバイスを貰うと一目瞭然だからです。

それに資料を配布したりプロジェクターに投影しながら発表する方が多いですよね。自分では文字の間違いや資料の見にくさになかなか気づかず当日発表しながら気づいてしまうというのは、意外とよくある話なのです。

練習を誰かに聞いてもらいたい・チームで練習したいときに最適の場所は・・・

よく忘れがちなことに「プレゼンは誰のためにするのか」というのがあります。当然自己満足のためではなく「相手に伝えるため」にするのです。そのためには自分が話しやすいではなく、相手にとってわかりやすい言葉とスピードで話す必要があります。そして提示する資料も何度も読み込んでいる自分ではなく、初めて資料を読む人にとってわかりやすいかが大切です。

そのためには漫然と練習するのではなく、どんな練習をどんな環境で行うかが大切になってきます。

カラオケボックスで練習する

最近はカラオケボックスで練習する方が増えてきました。低料金かつ個室なので誰でも行きやすいですし、何と言ってもマイクもあるのでマイク慣れしたいときには最適ですね。

ただ、店によっては歌を歌っていないときも映像やBGMが流れていますので要注意です。それはプレゼンで動画などを流す場合や、自分の声の大きさを確認したい場合には邪魔になるからです。

コワーキングスペース・レンタルスペースなどの会議室(個室)で練習する

仕事や作業で利用することを目的に作られたこれらの施設には、電源・Wi-Fiはもちろんプロジェクターやホワイトボード、コピー複合機を備えているところが多くあります。そのためプロジェクターやホワイトボードを使って本番に近い練習をすることや、練習中に気づいた不備をすぐ修正・印刷するということが可能なのです。

練習すると喉が渇きますよね。コワーキングスペースにはフリードリンクがあったり、飲食OKというスペースが多いのでこの点もカラオケボックスでドリンクを注文することを考えるとこちらの方が割安です。また実際に、プレゼンの練習のためにコワーキングスペースの会議室を借りる方はたくさんいます。

今までカラオケボックスしか練習場所がないと思っていた方も多いと思います。コワーキングスペースの会議室も練習場所に使えるので活用していただければと思います。

打合せ、イベントに使える会議室があるコワーキングスペースを探す

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ

-コワーキングコラム