フリードリンクで気にせず長時間仕事ができるのがコワーキングスペース

2016年2月4日

カフェよりもフリードリンクのコワーキングスペースはいかが?


カフェで仕事をしているとなんとなく無駄にコーヒーを追加してしまいませんか?


カフェで長時間にわたって、仕事や勉強をしていると周りの目やお店の人の目が気になってきて、飲みたくないコーヒーを追加注文したりしてしまいませんか?


ちなみに、スタバでmacを持ち込んでドヤ顔をきまるのは「ドヤラー」「ドヤリング」と揶揄されているようです。。。⇒スタバにMacでドヤ顔をキメる【ドヤラー】


人によると思いますが、別にノマドをやりたくてやってるわけではなく、自宅では仕事に集中できなかったり、TVや雑誌などの誘惑や家族にジャマをされるから・・・って理由だけでカフェを利用しているだけなのにって人も多いと思います。



コワーキングスペースはフリードリンクのところが多いんです


カフェを利用する他の理由として、美味しいコーヒーを飲みながら仕事をしたいということもあると思います。


コワーキングスペースはフリードリンクを提供しているところが多いです。珈琲やドリンクにこだわりを持っているスペースも多いです。


例えば、大阪のJUSO Coworkingは自家焙煎の喫茶店からコーヒー豆を入荷しています。cocopoを運営しているUmidassでは、スペース内で自家焙煎をしています。コーヒーではないですが、OBPアカデミアでは、11種のビタミンとフルーツを含むサプリメントドリンクを提供していたりします。


少し話が脱線しましたが、カフェでコーヒーを飲むと大体300~500円です。コワーキングスペースは2時間で500円、1日1,000円のところが多いです。それでいて、フリードリンクなので、コーヒーがしんどくなったり、コーヒーが苦手な人はジュースを飲んだりもできます。


これまでは、コワーキングスペース自体が都心やビジネス街などにしかありませんでしたので、ほとんどの人にとってはカフェほど選択肢としてあげることができませんでした。現在、全国でコワーキングスペースが400件を超え、秋田を除く全都道府県にあります。一度、探してみてはいかがでしょうか。


フリードリンクがあるコワーキングスペースはcocopoを使って探すことができます。下記フォームにて、検索をしてください。



フリードリンク都道府県を選択 






もし、こんなドリンクを提供しているスペースがあったよという発見があれば、紹介しますので、ぜひ、お知らせください。