大量の名刺を高速で取り込むスキャナが無料で使えるコワーキングスペースが多い

2016年2月2日

コワーキングスペースにあるEight専用スキャナ

コワーキングスペースは、フリーランスやノマドワーカーなどが仕事をする場所というイメージですので、机・椅子・電源・ネット環境がある場所というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、買うほどではないけどもあったら便利という機器を有料・無料で貸し出してるスペースが多くあります。そういった機器をコワーキングコラムにて紹介をしていきます。


※すべてのコワーキングスペースにあるわけではありません。この機器を目的に行く場合には事前に確認をしてください。



名刺整理が捗る名刺管理アプリ Eightはご存知ですか?


100万人が使うが歌い文句の名刺管理アプリ Eight はご存知ですか?Eightは、名刺を管理できるスマホアプリです。これまでの名刺管理ソフトはOCR機能(コンピューターが自動で文字を判別)があっても、文字の判別は不正確で特に変わった書体などの場合にはうまく機能しませんでした。

Eightは、すべての名刺をオペレーターが入力するので間違って文字を判別する確率が非常に低くなっています。


スキャナを使って高速取り込み


Eightは名刺管理アプリとして非常に使いやすいのですが、名刺の取り込みは、スマートフォンのカメラで撮影しないといけませんでした。ただ、1枚ずつの撮影は手間で、しかも光の加減などでぼけてしまったりします。

そこで専用スキャナを使うと高速で名刺取り込みができます。


コワーキングスペースには無料で専用スキャナが配布されている


その専用スキャナが「どこでもスキャン計画」という名のもとに全国に無料で配布されています。その対象にコワーキングスペースがあります。ある程度以上の利用者がいるコワーキングスペースにはこのEight専用スキャナが置いていることが多いです。

しかも無料(スペース利用料は必要)で使うことができます。他にもカメラのキタムラなどでも名刺取り込みを依頼できるのですが、有料です。もし、近くのコワーキングスペースに専用スキャナがあるのでしたら、ぜひ、活用してください。


コワーキングスペースを探すのなら、cocopoトップページから>>