100枚以上の紙を裁断できる大型裁断機が必要な時にはコワーキングスペースを探してみては

2016年2月2日

コワーキングスペースは、フリーランスやノマドワーカーなどが仕事をする場所というイメージですので、机・椅子・電源・ネット環境がある場所というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、買うほどではないけどもあったら便利という機器を有料・無料で貸し出してるスペースが多くあります。そういった機器をコワーキングコラムにて紹介をしていきます。


※すべてのコワーキングスペースにあるわけではありません。この機器を目的に行く場合には事前に確認をしてください。



160枚以上の紙を裁断できる裁断機


160枚以上の紙を裁断でき、文庫本なども裁断できる裁断機を置いているコワーキングスペースをよく見かけます。よく見かけるのは、プラス 断裁機 PK-513Lという裁断機です。

裁断機:PK-513L

数年前から流行っている本の自炊(紙の書籍を電子化してパソコンやスマートフォン、タブレットなどで見れるようにすることを自炊と言います。)用の裁断機としてよく名前を見かけるようになりました。

オフィスによくある裁断機普通のオフィスにあるのは、ディスクカッターと言われる10枚ほどの紙しか裁断できないものが多いです。

普段はこういった裁断機で十分ですが、まれに大量の紙を裁断したいときなどに大型の裁断機があると助かります。かと言って買うほどではないというアイテムなので、近くにあるコワーキングスペースにあるようでしたら、活用してみるといいでしょう。



ほとんどのコワーキングスペースでスペース利用料のみで利用可


裁断機を置いているコワーキングスペースの場合、ほとんどの場所でスペース利用料のみで使えるようです。

なぜ、コワーキングスペースにこの裁断機がよく置いているのかは定かではありませんが。。。自宅に置くと非常にかさばるのでオーナーやスタッフ、或いは利用者が置いているのではないでしょうか。

余談ですが、cocopoを運営している株式会社エッグレイの運営するコワーキングスペースUmidassでも、オーナーが自宅に置いているのがジャマということでスペースに持ってきて置いています。


裁断機を置いているコワーキングスペース


現在、cocopoでは、この裁断機の有無での検索をすることができませんので、裁断機を貸し出しているコワーキングスペースの情報をお待ちしています。


【現在、確認できている裁断機を置いているコワーキングスペース】

※利用にあたっては、事前に利用可能かどうか、裁断機の種類等をご確認ください。


埼玉の大宮のコワーキングスペース7F

大阪の豊中市のコワーキングスペースUmidass

大阪の中津のコモンルーム中津

大阪の本町のD-SPOT-COM本町

京都市左京区のあしあとワークスペース


 


コワーキングスペースを探すのなら、cocopoトップページから>>